おまとめローンは銀行と消費者金融どちらを選ぶ?

9

複数のキャッシングを利用している場合、おまとめローンを考える方がいるかと思います。
おまとめローンは銀行と消費者金融どちらにもあります。そこでおまとめローンを利用する場合、銀行系と消費者金融系にはどんな違いがあるのか比べてみたいと思います。

まず銀行系は金利が低く、借入の限度額が総量規制の対象外ということで高額の借入ができます。高額借入が可能なので審査も必然的に厳しくなります。
消費者金融系は銀行に比べると金利はすこし高めです。借入金額は、おまとめローンまたは借り換えローンに関しては総量規制の例外となっているので、年収の3分の1を超える額の借入ができることになっています。
金利が少し高めと言っても、グレーゾーン金利があった頃のような高金利を取られることはなく、ほとんどのキャッシング会社は18%ほどと思っていればいいかと思います。

また銀行系は変動金利でその時の景気の状況によって金利が上下しますが、消費者金融は変動金利ではなく基本的には固定金利なので、景気に左右されず契約時の金利のままで続くので、返済完了までの計画が立てやすいでしょう。

こうして比べてみると、銀行系は借入額が多く、なるべく返済総額を増やすことなく低金利で利用したい方向き、消費者金融は借入額が比較的少なく、審査 借入に時間をかけたくないという方に向いていると言えます。
.
注意しなければいけないこともあり、複数のローンを一口にまとめてしまえば、返済も利息も今までより楽になってお得なのではと思いがちですが、よく知らずに決めてしまうと逆に返済金額が増えてしまったり、返済期間が延びて、いつまでも支払わなければならないなんてことにもなりかねません。

そうなることを避けるために、銀行系、消費者金融系でおまとめローンをする場合の借入や返済を、シミュ
レーションしてみることをおすすめします。利用することになった時、どちらに向いているのか検討する情報の一つになると思います。

スマホでお金借りる方法